土地所有者と認可協定(概要)

土地所有者と認可協定

土地に家を建てる場合、建築基準法など、守らないといけない法律がたくさんあります。戸建住宅地では、まち全体の統一感や連続性、環境や景観を高める為に、デザインのルールや規定を設定することがあります。認可協定といわれるルールは、認可団体(行政)等が法律に基づいて認可したルールです。緑地協定、建築協定、景観協定など、根拠となる法律や規定できる内容も違いますが、土地所有者等は、そのルールを守った建築や、庭づくりを行うことになります。その結果、まちなみの統一感や、美しさが末長く維持されることにつながります。土地所有者等は、協定の内容通りにルールが守られるかをチェックする運営委員会を設立します。